例会・大会

2022年度

2022年度春季大会

〔日時〕五月二八日(土) ・二九日(日)
〔会場〕早稲田大学戸山キャンパス (教室未定)
〔発表要旨はこちら


◎二八日(土) 午後二時〇〇分より
《開会の辞》宗像和重
《特集》 〈装い〉の政治学 ――一九三〇〜四〇年代のメディアと文学
前島志保 消費の女性化と〈装い〉による境界の再編成 ――戦間期雑誌表象を中心に   
浜田雄介 『新青年』の〈装い〉戦略    
吉良智子 長谷川春子と〈装い〉の政治学 ――『女人芸術』 『輝ク』を中心に  
(コメント)藤木直実

◎二九日(日) 午前一〇時〇〇分〜午後四時三〇分
《研究発表》
田部知季 明治期における俳句評価の諸相 ――日本派の「文学」的俳句像を起点として――           
ジュセッペ・ストリッポリ 明治後期の少年雑誌におけるアンチ・ミメーシスとしてのSF ――ジャンルの境界を超えて
児島春奈 永井荷風『腕くらべ』における「江戸趣味」の脱構築 ――『江戸藝術論』を視座として――  
重永楽 「 「風流」論」の方法に関する一考察 ――その発表経緯を補助線に――  
佐藤未央子 アダプトされる「お市の方」――戦時下における谷崎潤一郎「盲目物語」の映画化をめぐって
加藤夢三 帝国の論理/論理の帝国 ――横光利一『旅愁』と「日本科学」  
栗山雄佑 〈言葉のコピー機〉としての生を覆す ――星野智幸「在日ヲロシヤ人の悲劇」論  
《閉会の辞》島村輝

2022年度6月例会

〔日時〕六月二六日(日) 午後二時〇〇分より
〔会場〕明治大学駿河台キャンパス リバティタワー六階一〇六三教室
〔発表要旨はこちら


《特集》純文学ならざる〈小説〉たち ――中間・大衆・娯楽
山岸郁子 「文壇」の発掘と創成  
山中剛史 三島由紀夫のエンターテインメント作品と方法意識 ――三島由紀夫「音楽」を視座として
関立丹 忍法小説から歴史小説へ ――司馬遼太郎一九五〇‐六〇年代の創作をめぐって

フリースペースのご案内
次のページへ