例会・大会

2022年度

2022年度秋季大会

〔日時〕一〇月二二日(土) ・二三日(日)
〔会場〕同志社大学今出川キャンパス 良心館 RY地下2(二二日) RY104 RY103 RY101(二三日)
〔発表要旨はこちら


◎二二日(土) 午後一時三〇分より (RY地下2
《開会の辞》 田中励儀
《特集》 近代日本の宗教と差別――せめぎあう〈差異〉と公共性――
友常勉 生の形式の臨界=消尽と新たな〈生〉――サバルタンと宗教――   
小嶋洋輔 遠藤周作の「弱者」再考――「かくれ切支丹」表象の変遷を視座として――    
篠崎美生子 被爆地「長崎」――差別の輻輳――
ブルナ・ルカーシュ 現実と理想、分断と連携――定住・定職に規定されない生活を描く――
《臨時総会》
《ソーシャルアワー》

◎二三日(日) 午前一〇時三〇分〜午後四時四〇分
第一会場(RY104)
《午前 10:30―12:30》
大橋崇行 「Hero」としての「男本尊」――坪内逍遥『小説神髄』「主人公の設置」を中心に――
ケビン・ニーハウス 内容から現象論へ――1900年から1920年の日本における手紙ディスクールの再考へ――
王青 『道草』における時間――ベルクソン『時間と自由』との接点から――
《午後 14:00―16:40》
パネル発表
中村健、荒井真理亜、三浦卓、富永真樹、副田賢二 戦前期『サンデー毎日』の視覚表象と文学
第二会場(RY103)
《午前 10:30―12:30》
唐銘遠 「或る女のグリンプス」から「或る女」まで――嗅覚による内面世界の表現の獲得――
松原大介 内田百閒「猫」と『新青年』――初出雑誌の特性を視座として――
ディ・マルコ・ルクレツィア バチェラー八重子『若きウタリに』の文体――「連作」という視座から――
《午後 14:00―16:40》
石川巧、大原祐治、牧義之、渡部裕太 地方雑誌から考える戦後文化――『占領期の地方総合文芸雑誌事典』を起点に――
第三会場(RY101)
《午前 10:30―12:30》
山本勇人 小林秀雄と中原中也における〈哀悼〉の交錯――テクストの〈推敲〉を視座として――
藤原崇雅 武田泰淳「審判」と上海現地メディア――日本人居留民宣導政策とその問題点――
邵金琪 戦争文学に描かれた「人間」とその美意識――多田裕計『アジアの砂』論――
《午後 14:00―15:20》
劉夢如 寺山修司台本「盲人書簡(上海篇)」における「暗闇」と言葉
宋元祺 「G線上のアリア」を奏でるとき――二つの時代・言語にまたがる台湾文学――
《閉会の辞》島村輝

2022年度春季大会

〔日時〕五月二八日(土) ・二九日(日)
〔会場〕早稲田大学戸山キャンパス 38号館-AV (状況に応じて中継会場を設定します)
〔発表要旨はこちら


◎二八日(土) 午後二時〇〇分より
《開会の辞》宗像和重
《特集》 〈装い〉の政治学 ――一九三〇〜四〇年代のメディアと文学
前島志保 消費の女性化と〈装い〉による境界の再編成 ――戦間期雑誌表象を中心に   
浜田雄介 『新青年』の〈装い〉戦略    
吉良智子 長谷川春子と〈装い〉の政治学 ――『女人芸術』 『輝ク』を中心に  
(コメント)藤木直実

◎二九日(日) 午前一〇時〇〇分〜午後四時三〇分
《研究発表》
田部知季 明治期における俳句評価の諸相 ――日本派の「文学」的俳句像を起点として――           
ジュセッペ・ストリッポリ 明治後期の少年雑誌におけるアンチ・ミメーシスとしてのSF ――ジャンルの境界を超えて
児島春奈 永井荷風『腕くらべ』における「江戸趣味」の脱構築 ――『江戸藝術論』を視座として――  
重永楽 「 「風流」論」の方法に関する一考察 ――その発表経緯を補助線に――  
佐藤未央子 アダプトされる「お市の方」――戦時下における谷崎潤一郎「盲目物語」の映画化をめぐって
加藤夢三 帝国の論理/論理の帝国 ――横光利一『旅愁』と「日本科学」  
栗山雄佑 〈言葉のコピー機〉としての生を覆す ――星野智幸「在日ヲロシヤ人の悲劇」論  
《閉会の辞》島村輝

2022年度6月例会

〔日時〕六月二六日(日) 午後二時〇〇分より
〔会場〕明治大学駿河台キャンパス リバティタワー六階一〇六三教室(状況に応じて中継会場を設定します)
〔発表要旨はこちら

《開会の辞》松下浩幸
《特集》純文学ならざる〈小説〉たち ――中間・大衆・娯楽
山岸郁子 「文壇」の発掘と創成  
山中剛史 三島由紀夫のエンターテインメント作品と方法意識 ――三島由紀夫「音楽」を視座として
関立丹 忍法小説から歴史小説へ ――司馬遼太郎一九五〇‐六〇年代の創作をめぐって
《閉会の辞》島村輝

フリースペースのご案内
次のページへ